ホームページ制作会社5S.(ファイブエス) 代表MATSUKOのブログです。 仕事のこと、生活の中での発見などを書いてみます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緊張するお仕事
2011年09月20日 (火) | 編集 |
今週、とあるお客さまとの打ち合わせを予定しております。

それは・・・
学生時代の担任の先生。


学生当時お世話になった先生です。
このたび先生からご相談をいただき、プレゼンをさせていただくことになったわけです。

なんか緊張する。

普通のお客さまからじゃ言われないようなところつっこまれそうな気がする。



普段なかなか味わうことのないワクワクとドキドキを覚えながら
今日も入念に準備しております。


どなたか、平常心をわれに・・・・

スポンサーサイト

女性クリエイターに求められるもの
2011年07月01日 (金) | 編集 |
最近ホームページのお話がまとまる際に
お客さまからよく「女性が作るホームページ、楽しみです」
と言っていただく。

このお仕事を始めた当初は
女性では頼りない…という空気を感じてしまうことも多かったのですが。

その風潮が変わりつつあるのかな、と思ったりします。

そうだとすれば私たちのような女性クリエイターには、本当にありがたいことです。


同業者としてさまざまなクリエイターさんの実績などを拝見すれば
男女関係なく素晴らしいモノを創り出しておられる方はたくさんいらっしゃいます。

しかし一般的に出回っている多くのホームページが
割とパターン化し、堅苦しさを感じるのかもしれません。

弊社はお客さま(企業)の個性や思いを表現したホームページ作りを軸にしていますので
デザインにもコメントにも、その方針を貫いて作っています。

これからも見てくださる方の心を揺さぶるようなホームページを
作り続けていけるように、女性としての感性を高めていきたいと思います。

只今、猛勉強中!
2011年05月12日 (木) | 編集 |
只今久しぶりに、ウェブデザインを集中的にお勉強しています。

常日頃からウェブサイトの作成はやっている(それが本業だから)のですが
同じ業種の実績が重なったりしてくると、どうしてもアイデアの枯渇は免れません。

なによりこのお仕事はどうしても職人魂メラメラ燃えてくるもので
常に今よりももっとよいものを求めてしまうのです。


このところ、自分の殻を破るべくポイントにさしかかったと感じるので
情報収集と新しい知識の習得に専念しています。


ウェブサイトは家の建築と似たところが多いと
私は考えています。


デザイン、居住性、安全性、基礎の重要性。
それらのトータルバランスが極めて大切。
妥協は許されない。


変遷めまぐるしいウェブの世界で、
しなやかに且つ凛と立ち続けることができるモノ作りを
目指しているのです。

そのためにはまだまだ勉強が必要です。


女子はやっぱり笑顔が大事
2011年05月01日 (日) | 編集 |
日頃企業のトップとの交渉事も多いので
仕事上では男性も女性も関係ないと思っているMATSUKOですが
最近ひとつ気づいたことがあります。

それはやはり女子は笑顔が大切ってことです。

打ち合わせや初顔合わせでは厳しい話になることもしばしば。

そんなときこちらが笑顔で対応するよう心がけると
不思議といい感じに進む気がします。

どんなシーンでもどんな方でも、向かい合っている女性が
険しい顔をしているより、にこやかでいるほうが心地よいにきまってるな。

とても基本的なことですが、とても大事なことだった!

これからも「笑顔美人」目指します

コミュニケーション力
2011年03月01日 (火) | 編集 |
今日スタッフがお客さまとのコミュニケーションが思うように行かなかったようで
凹んでいたようでした。

私たちの仕事はパソコンやグラフィックの技術に長けていればよいかというと
それは全く違います。

もちろんそれらのスキルは欠かせませんが
何よりコミュニケーション能力が命です。

ホームページのご相談があった場合、ほとんどの場合お客さまは
「どんなものを作りたいか」のビジョンは持っていません。
もしくはぼんやりとしたビジョンはあるけれど、それをうまく伝える術を持っておられません。

それを引き出したりうまくナビゲーションするのは私たちの仕事。
ですからお客さまの潜在するご希望まで引き出すとと同時に的確に取捨選択し
カタチにしていくことにかなりのエネルギーを費やします。

ここを疎かにするとお客さまの満足度は確実に下がってしまいます。

私も決してコンプリートにコミュニケートできるわけではありませんが
今まで失敗もしながらも勉強を重ねてきたと思っています。

スタッフもこの道のプロフェッショナルになるためには避けては通れない道です。
そしてコミュニケーション力が付けば仕事だけでなく人生のいろんなところで
プラスになるはずです。

サポートはしっかりするので、今回の山をしっかりと乗り越えていただくことを期待しています。

お客さまと自分たちが満足できる仕事を積み重ねる
スタッフ同士で高めあえる
そんな会社作りをこれからも目指してまいります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。