ホームページ制作会社5S.(ファイブエス) 代表MATSUKOのブログです。 仕事のこと、生活の中での発見などを書いてみます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


娘の図書えらび
2010年07月13日 (火) | 編集 |
小1の娘は随分学校生活にも慣れ、毎日楽しそうに通学しています。
先月から図書の貸し出しも始まり、1週間に一度図書室の本を借りてきます。

毎回何を借りてきたのか見せてもらうのですが
それがなんとも興味深い。

彼女は物語と生物の図鑑的な本が好きなようで、それらを交互に借りてきます。

図鑑的な本は私が知らないこともたーくさん載っています。
この前はてんとう虫の一生を読んで、目からうろこなことをたくさん知りました。
(サナギから羽化したばかりのてんとう虫は模様がない、とか)


子どもの活動範囲はまだまだ小さく限られているが
彼ら彼女らのイマジネーションは大人のそれより遥かに広く深い。
本の向こうに人の心や自然や世界や宇宙を見ているのだから。

これからも娘と図書を通じて、私の世界も一緒に広がっていけたらなー
と思うかあちゃんでした。
スポンサーサイト

先週のむすめのケガ・・・その後
2010年06月03日 (木) | 編集 |
先週の火曜日、登校中に転んで
頭や鼻から流血したむすめ。

じつはその時、私たちが現場に駆けつけるまでの間
何人もの見ず知らずの方に助けてもらっていました。

転んだ直後通りかかったサラリーマンの方が
電話をかけてくださり
そのあとご近所のご婦人3人が介抱してくださっていました。

その時はむすめを搬送するのが第一で慌てていたので
お名前を伺うことさえ忘れていました。

それでも助けていただいたお礼は言いたかったので
むすめが書いた「ありがとう」のお手紙と菓子おりを持って
夕方、現場周辺のお宅を訪ねて回ることにしました。

ラッキーなことに1件目ベルを鳴らしたお宅のご婦人がその中の一人でした。
あとのお二人もご近所さんなのよ、と教えていただき
無事皆さんにお礼の気持ちを伝えることができました。

どの方も元気になったむすめを喜んでくださいました。

また通勤途中の男性には毎朝むすめが遭うそうで
先日自分でお手紙を渡せたと言っていました。

最近は近所付き合いも減り世知辛い世の中といいますが
通りすがりの人たちのご親切は本当にありがたいものです。
また地域で子どもを育てていく大切さもわかった気がします。

あたたか~い気持ちで帰宅できた夕方でした。

むすめがこんなことに・・・
2010年05月26日 (水) | 編集 |
昨日の朝、小学生の娘を学校へ送り出したあと。

電話が。

知らない男の人が出て「むすめさんが転んで怪我してますけど、
こちらにこれますか?」と。

大急ぎで現場に向かうと、児童やご近所さんの人だかり。

その中でむすめが大泣きしていました。

道路には結構たくさんの血痕。

むすめの顔を覗き込むと、おでこを強打してすごく膨れています。
まさにこんなかんじ。
s-original.jpg

そのまま病院へ直行。
ひととおり検査してもらい、特に異常なしだったので安心して帰宅しました。
不幸中の幸い。

痛いのとショックだったので昨日はぐったりしていましたが
今朝は痛々しいすがたでも元気に登校していきました。

卒園式
2010年03月14日 (日) | 編集 |
昨日は愛娘ハルの卒園式でした。

私にとってもはじめてのわが子の卒園(業)。

保育園なので、卒園式の後も3月いっぱいは登園するわけで
だから「ひとつの節目的なかんじだろう」と高をくくっていました。

ところがところが・・・

開式してみると、びしっと正装しりりしく入場してくる卒園児たち。
毎日送り迎えのときにみなれた顔が皆ぐっと大人びて見えました。

このクラスは0歳や1歳児から持ち上がりのお友達がほとんどなので
どの子もわが子同然に可愛い。

子どもたちの赤ちゃんの頃を回想していると、もうそれだけでうるうる。

式は進み、子どもたちが思い出を語ったり歌を歌ったり。
それを聞くとさらに感涙の雨嵐。

保護者からも子どもたちに祝福の歌をプレゼントしました。
それを歌いながらまた涙。

しまいらへんは、メイクももうぐしゃぐしゃになって
私の涙腺は大洪水でした。

子どもがこんなにもしっかりと成長していたこと
先生方やたくさんの周りの方たちのおかげで今日があること
子どもがいかに親を育ててくれているのかということ を
ひしひしと感じ
魂がふるえました。


ハルも小さな胸にたくさんの思いを詰めてきたらしく
それら全てを留めるように

昨晩は夜遅くまで、今日は朝早くから
一生懸命クラスのお友達の絵を描き続けていました。


彼女の母親として恥ずかしくないよう
お仕事も家事も育児も、これからもがんばっていきます!!

s-IMG_0133.jpg




うちのコたちは・・・
2010年01月28日 (木) | 編集 |
今日は大忙しの1日となりました。

朝、娘を保育園へ送り出す準備をしていたところ
愛猫ミーがなんだか元気がない。

なにげに様子を見ていると
私の布団のシーツに嘔吐の痕跡がぁ!!

しかも血が混在しているではないか!?

   
おたおた。

今日は午前中から仕事が入ってるし、
でも仕事終わるまで放っておいて大丈夫なの?

いろいろ考えた挙句、娘を送ったらすぐ
かかりつけの動物病院へ連れて行こうと決めました。

で、娘と保育園へ。
すると今度はその途中に娘、ころぶ。
膝を打って痛いよ~と泣きながらも到着。
ちょっと擦りむいていたけれど
歩くのは平気そうだったので、先生にお願いをして来ました。

私は家に戻るとすぐに、そのまま仕事にいける準備をして動物病院へ。

動物病院では例のごとくミーちゃん、大立ち回り。
診察の結果原因はすぐ特定でき大事に至らなかったので
仕事終わりに迎えに来るので、それまで預かっていただくことにして
アポ先へ急ぎます。

車に戻り携帯をチェックすると旦那から連続着信が。
かけ返すと、
「ハル(娘)が膝の痛みがひどくなったって保育園から電話があって
今病院連れて来とるよ」だって。

  な~にぃ~!

今度はそっちも気になりますが、娘のことは旦那に任せてとにかく仕事へ。

昼過ぎ仕事を済ませ、ミーを迎えに行って帰宅。
幸い私の両親がこのところうちに泊まりに来てくれていたので
娘はじーちゃんばーちゃんとお留守番していました。

膝の怪我も打撲と軽い内出血程度だったそうで、ほっとしました。


二人ともよりによって同じ日に病気、怪我。

たしか以前もそんなことあったよな。
一人と一匹、気の合う仲良し姉妹ってとこでしょうか?

かーちゃんは、今日1日でずいぶん心配しました。。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。