ホームページ制作会社5S.(ファイブエス) 代表MATSUKOのブログです。 仕事のこと、生活の中での発見などを書いてみます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日だけ3児の母
2008年03月31日 (月) | 編集 |
通常MATSUKOは、一児の母で運行しています。
しかし明日は1日(厳密には半日)だけ、甥っ子2人をお預かりすることになりました。
うちは娘なので男の子2人をお世話することに、今からエキサイトしています。

甥っ子長男は今度小学生になるので、随分お兄ちゃんになりました。
次男くんはまだ2歳。娘が2歳のとき、どんなふうにお世話してたっけ???
・・・もはや、思い出せず。
つまりほぼ未知の世界です。
ですから一体どんな楽しい時間が待っているか、ドキドキワクワクです。

貴重なこのひと時、何か楽しいイベントをしようと思い、私+子どもたちでギョウザ作りをしようと計画中。
ギョウザ包みは意外と小さい子でも出来るんですよ。
みんなでお粉だらけになって楽しく作りたいと思います。

いいショットが撮れたら、アップします。



スポンサーサイト

ホスピタリティについて考えた
2008年03月30日 (日) | 編集 |
昨日は携帯電話の機種変更(じつに3年ぶり!)に日頃から愛車がお世話になっているTOYOTA福岡 久留米店さんに行ってきました。
こちらの店舗は最近改築されたばかりです。お店全体から新品の香りがします。

先日も愛車ポルテの1年点検のためおじゃましたばかりですが、その時お手洗いをお借りしたんですね。すると洗面所にさりげなくハンドクリームが置いてあったんです。
ちょうどその日、慌ただしく出かけてハンドケアをしそびれていたMATSUKOは、すかさずハンドクリームを拝借しました。

いや~、感激しました。自分が持ち歩くのを忘れたらあきらめるしかないと決め付けていたものが、さりげなく目の前に置かれていた事に。
今までいろんなショップ、ホテルなどのお手洗いでもハンドクリームを置いてくださっているサービスに遭遇したことはありませんでした。

スタッフの方の気配りに、本物のホスピタリティを見た気がします。
絶対にないと困るものではないけれど、あったらとても嬉しい。かゆいところに手が届くサービス。
本業とは全く関係ないところもないがしろにせず、お客様の満足度を追及していること。

あまりに感動したので、そのアイデアを思いつかれたスタッフ(私の担当をしてくださっている方でした)をべた褒めしました。すると彼女は「自分が手荒れがひどいから、他の方でも使われるかなと思ったので」とさらり。
なんとなくでこんなに素敵な気配りが出来るのは、彼女自身が洗練された人であるからこそ、と思いました。あっぱれ。





由布路
2008年03月25日 (火) | 編集 |
先週末、久しぶりに旅をしてきました。
行き先は大分方面。
その中でも湯布院(由布院)は私のお気に入りです。
6年ほど前から湯布院には頻繁に出かけていましたが、今回はじつに3年ぶり。

湯の坪通り(湯布院のメインストリート?)はお店が随分増えていました。
以前は地元の人たちがされている店舗がほとんどだったけど、全国展開の観光地向けショップがいくつも進出してきていて、湯布院の素朴さを愛するものとしては少々残念な気もいたしました。

それでもずっと前から地元の方がやっているお店もたくさんあって、いい意味で変わっていませんでした。
私にとって湯布院は「目的のないすごし方」を許してくれるところです。
行き先を決めず歩き続けたり、いつまでも窓の外を眺めたり。
そんな目的のない行為ひとつひとつが十分な目的になります。

宿泊は南の風というイタリアンレストランでした。
レストランの2階に1室だけ作られているお部屋でした。南の風さんは木のぬくもりに包まれたお店で超おしゃれです。小さな牧場もあって、2頭のお馬さんがいます。
レストランなので食事はスローフード満載のイタリアンコースディナーでした。
おいしかった。また行きたい・・・。

でも多分またしばらく行けないので、これを読まれた方、私の代わりに行って見てください。
すばらしい時間が過ごせますよ♡

それから湯布院は温泉もさることながら、お水のおいしさも絶品です。
水道の蛇口から名水が出てきます。散歩から帰りMATSUKOはがぶ飲みしました。
そんなわけでお店で出されるコーヒーもめちゃうまなわけで、どのお店で飲んでもハズレはなし。

以上、由布路のおもひででした。

ホームページは英語の羅列でできている
2008年03月17日 (月) | 編集 |
気がつけば一週間も放置していました。このブログ。
この1週間何をしていたかと言うと、新規の企画、そして花粉症との闘い。
皆さま、いかがお過ごしでしたか?

今日は珍しく私の専門分野の話を書きたいと思います。
ホームページを作ろうとされたことがある方や、実際に作ることができる方は周知のことだと思いますが、興味があれば読んでみてください。

私のホームページの作り方(ある意味企業秘密なのか?)は、ホームページ作成ソフトの機能にはあまり頼らず、HTML、CSS、XHTMLなどをベースとしています。
これらはいわゆる「どんな配置にし、どんな装飾を使い、その中にどのような文字情報が入っているか」ということを全て言語(英語)化したものです。
英語の羅列を書き換えることでデザインも自由自在です。
HTML、CSS、XHTMLなどを駆使してつくられたホームページは見る側の条件(ブラウザとかOSとか)に左右されず、デザイン崩れもなく同じ情報を発信できるのが最大の利点です。

でも私は生粋のジャパニーズなのでこの言語にはいまだに手をやいています。
しかも表記方法(コロン入れる入れないとか、表記の優先順位とか)が1つでも違うと、へそをまげて私のリクエストは無視されてしまいます。
しかし、逆に考えると思いどおりに表示されないときは100%自分に非があるので、矛先はただ一つってことになりますから確実性は非常に高いです。

そしてより沢山の用語をフレキシブルに使えれば使えるほど、洗練されたホームページを作ることができるようになります。
そのため先週「大辞典」というものを購入しました。
今朝宅配で届きました。
800ページすべてがホームページに必要な内容です。
今日から強力なパートナーを傍らにおいて作業ができます。
「大辞典」によって、どれだけMATSUKOがステップアップできるか乞うご期待!

Qちゃん
2008年03月10日 (月) | 編集 |
昨日名古屋国際女子マラソン(あってる?)でしたね。
私は中継は見れませんでしたが、夜のスポーツニュースには釘付けでした。
Qちゃんこと高橋尚子選手は、いろいろなアクシデントから、残念ながら優勝とオリンピックへの切符は逃してしまいました。

しかしQちゃんが順位を落としながらも完走したことが、今日もテレビで多く取り上げられていました。
輝かしいキャリアを持った人が、不本意な結果になってしまっても最後まで棄権せずレースを続けるって、なかなかできないと思います。
そういう意味で彼女はとても立派ですね。プロとはこういう人のことを言うのかなと感じました。

それからQちゃんは昨日のような辛い結果のときも、逆にオリンピックのような大舞台で金メダル取ったときも、泣かないでいつも笑ってますよね。
どちらの状況の時もきっと心の針はすごく振れていると思うんですけど、それを感情に任せることなくいい意味で飄々としています。

ずっと前からですが私は、そういう人に魅力を感じます。
感情豊かに生きていくのはとても素晴らしいことですが、心の中は熱くてもそれをあまり外には見せず、飄々としていられる人は、精神的にとても成熟しているように感じるので。

彼女はとても「しなやかな人」。それが昨日抱いた印象です。
思わず憧れてしまいました。

頭の中を読む!
2008年03月07日 (金) | 編集 |
昨日、新規のお客様との打ち合わせに伺いました。
私とお客様のスケジュールが合う時間は40分弱でした。

通常ホームページの打ち合わせには1時間半ほどお時間をいただいています。
結構長いでしょう?
それはお客様の個性や、掲載内容の詳細、業界の話などを知りホームページに反映させるためです。
そして最も私が重要視していることは、お客様が漠然と持っているホームページのイメージや理想を引き出して言葉やかたちに変換していく作業です。

皆様大なり小なりイメージをお持ちなんですが、いきなり明確に示せる方はそうはいません。
ですから会話の端々やピンポイントの質問から、ヒントとなるキーワードを探して徐々にイメージを具体化します。

しかし昨日のタイムリミットは通常の半分程度。
普段より更に的確にお客様のリクエストを読み取ることに集中しなければなりませんでした。
ありがたいことにお客様が非常に密度濃く話してくださったので、限られた時間でもスムーズに情報収集することができました。

このように私が手がける仕事のメインは、お客様の頭の中にあるぼんやりしたものを読み取ることです。
これがうまくできるか否かは、お客様の満足度に大きくつながっていきます。
ですから一流に「頭の中を読める」よう、日頃からアンテナを立てておきたいと思います。


ちくのー、怖い
2008年03月06日 (木) | 編集 |
一昨日、昨日とちくのー(蓄膿)のため発熱していました。
正式には慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)というものです。
つまり副鼻腔(鼻と目の周囲にある空間)に炎症がおき、膿がたまってしまう病気です。

私は4年ほど前に初めてかかりました。
風邪などから続いて起こることが多いので、薬を飲んで治療すればしばらくすると症状はなくなります。
でも、これ、クセになってしまって・・・。
最近は風邪をひいたり花粉症になったりすると、きまってちくのーさんもついて来るのです。
熱が出るし、全身がすごくだるくなるし、顔面痛むし。
風邪や花粉症とのコラボなんて、泣きっ面に蜂もいいとこです。

皆さんも鼻かぜくらい、などとあなどる事なかれ!
風邪は万病の元、ってうそじゃないな、とつくづく思うMATSUKOです。

発見!イケ面さん
2008年03月05日 (水) | 編集 |
それは3月3日夕刻でした。
娘と車で、ケーキ屋さんにおひなさまケーキを買いに行ったときのこと。
いつもよりやけに車が混んでいました。
その日は娘と餃子を作る約束をしていましたが、挽き肉と餃子の皮がなかったのでスーパーにもよらなくてはなりませんでした。

でも道路はすごい渋滞。しかも助手席でわが家のおひなさまは「おなかすいた~。はやくぎょーじゃ(彼女はまだ ザ がうまく言えない)つくろ~」と叫んでいます。
仕方ないなー。
行きつけのスーパーに寄ると時間がかかりそうなので、ケーキ屋近くの昭和漂う商店でお肉を調達することにしました。
この商店、昔で言うよろずや?て感じの店構えで、今まで来店したことはありませんでした。
店内の一番奥に小さな精肉店が。
(よかった。お肉ゲットできるわ)

「すみません。挽き肉ください」
「いらっしゃいませ~」ショーケース越しにとても爽やかな声が。
見上げると・・・。

いました!すごいイケ面さんが。
V6の岡田君かと思っちゃいました。
こんなローカルandレトロなお店に、いていいのかこんなイケ面さん。
しかも接客もとても丁寧でした。
奥ではお肉を切っているおじさんがいたので、たぶん岡田君(似)は2代目なんでしょう。

帰宅してめでたく餃子パーティがとりおこなわれました。
お肉もなかなかいい物だったので、しばらくお肉買うときにはあの店に通ってしまいそうです・・・。



背中でマンウォッチング
2008年03月01日 (土) | 編集 |
昨日久しぶりにファミレスに行きました。
ファミレス行くと、いろんな人がいろんな話してて面白いなーって、いつも思うんです。

昨日は夜8時ごろでちょうどお客さんも多い時間帯でした。
私の席と背中合わせのボックスに、3人の女性(30~40代)が入ってきました。
おのずと会話や雰囲気が伝わってくるので、しばし背中越しにマンウォッチング。

一人目は次々と話題を提供するタイプ。家や仕事での事をタイミングよく話しているようでした。
でも気がつくと、なぜか話題の進行は二人目の人が牛耳っているのです。よく相槌を打ち、その後必ず話の風向きを自分のほうに持っていくというスゴ技を披露していらっしゃいました。
そして三人目の人は、会話を聞いているだけではいるのかいないのかわからないくらい静か。
三者三様がゆえ、お互いの個性がきわだちあっていました。

ここで気づいたこと。
一人目の人は状況判断と話題転換が上手。自分がテーマをコントロールできなくなると即座に次の話題に振り替えていたので。
二人目の人のように、話の主導権をすぐに握るタイプは早口で声のトーンが高い人が多いみたい。
話し方がとてもエネルギッシュだから、自然に話題の中心になるのかな。
三人目の人は・・・。沈黙の間、なに考えてるのかな?


私は仕事上、お客様との交渉や相談業務が重要です。
なのでいろんな人のタイプやその特徴を知ることが、とても必要だなと思います。
とても勉強になったファミレスタイムでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。