ホームページ制作会社5S.(ファイブエス) 代表MATSUKOのブログです。 仕事のこと、生活の中での発見などを書いてみます。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


わが家の事情
2009年07月19日 (日) | 編集 |
突然ですが、今日はわが家の事情について書かせていただきます。

わが家は旦那も私もそれぞれ事業主です。
同居の姑も現役バリバリで働いています。
そのため5歳の娘、ハルは保育園に通っています。

夫婦ともに会社をやっていると
スケジュールも互いに不規則で
そのしわ寄せが娘に降りかかることも少なくありません。

専業主婦のお母さんのように
毎日手の込んだお食事や手作りおやつを食べさせたり
おけいこごとの送迎をしてあげたり
ということも、なかなか出来ていませんし

私が締め切りに追われているときは
「パパと外食してきて」とか「保育園の送り迎えもパパにしてもらって」
とお願いしなければならないこともあります。

週末も休みがなく、子どもとどっぷり遊ぶこともままならない。

最近まさにそんな状況が続き
昨日の夜、私はついにガス欠を起こしてしまいました。

日頃からじっくり子どもに手をかけてあげられていない申し訳なさ。
仕事に対する自分の未熟さとの葛藤。
旦那にもいろいろと負担を強いていることへの反省。

そんなこんなで、突発的に「仕事から解放されたいな」なーんて
思ってしまいました。
それで娘に何気なく「ママ、お仕事しなくてもいいかな?」
と愚痴ってしまったのです。

すると
「う~ん、それはやめたほうがいいよ。
だってハルちゃんはおしごととかしていないおかあさんは
あまりすきじゃないもん。」



・・・・・・・ま~じで~~~!
・・・・・・・・そうなん?


日頃年のわりに温厚な娘がスパッと言ってのけた言葉に
母は度肝を抜かれましたよ。

「子どもは常にめいっぱい側にいてほしいに違いない」
そう決め付けていた私。

でも娘の本当の気持ちは違ってたんですね。
彼女はむしろ、お母さんが大変なときは協力してあげたいとも
言ってくれました。

泣かせてくれるじゃないかー。娘よ。

娘のおかげでしおれかけていた心の風船も
また少しずつ充填しつつあります。


そして今日は疲れているお母さんのために!、と
近くのスーパーまで初めて一人でお買い物に行き
チョコレートを買ってきてくれました

ママってこれだからやめられないよ~

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
そうそう。

相手の気持ちを察するのは大事だけど
それが当人の本心と必ずしも一致しているとは限らない。
というのを学びました。
2009/07/20(月) 01:23:44 | URL | MATSUKO #-[ 編集]
ハルちゃん、ほんと優しい子だよね。
泣かせてくれるよ。

一人で抱え込む前に、聞いてみよう!
ってことかもね。

良かったね☆
2009/07/19(日) 10:29:34 | URL | miku #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。